しば太日記

柴犬しば太とコーギーまろとつぶのくだらないお話!


しば太ん訪~小樽編3~



またまた前回からのつづき。


せっかく急な坂を上って行ったのに

チラ見だけでニシン御殿を後にしたしば太さん一行。


時間的にそろそろ限界なので来た道を戻る事に。

海岸側をずっと走って来たので

帰りは途中から 少しだけ内陸側を走行しました。


DSC02983.jpg 


小樽市総合博物館。

たしか 昔は手宮交通記念館だか

そんなような名前だったと思いますが。


ワンコは入れないようなので


DSC02986.jpg 


お外からパチリ。

んー 国鉄カラーが懐かしい。



スタートしてから かれこれ3時間以上経過。


DSC02992.jpg 


そういえば子供達に水を飲ませた以外

まだ一度も休憩というものをしていない。


DSC02995.jpg 


当然のことながら コンビニにも入ってなけりゃ

自販機の前にすら立っちゃいない。

決してガマン大会をしているわけではなく

ないならないで そんなものかと思ってしまう夫婦。


でも さすがにこのまま行くと

ホントに最後まで ただただ走り続けちゃうという

探訪になりそうなので

近くでソフトクリームを一本だけ買いました。一本だけ。

ただ ソフトの写真はございません(笑)


DSC02997.jpg 


その一本のソフトクリームを持って

ここ運河公園で食べました。

「一杯のかけそばのような家族だね」

「家族ってええやん (;△;)」

という声がしていたかどうかは知りませんが。

一本のソフトの登場で親子の絆が深まりました。


DSC03006.jpg 


ただ ソフトがいなくなると親子の絆は崩壊しました。

一時の衝動にかられた恋愛や親子の絆は

もろくてはかないようです(笑)


DSC03022.jpg 


初めてまじまじと小樽の運河というものを見ました。

船や人力車なんかも走っていて

まさに観光スポットなんだなーという印象。


DSC03024.jpg 


周辺にはお洒落なカフェやお店がたくさんあるんだけど。

今回の散策(散策してないけど)で確信しましたね。


もともと お洒落なものに対する物欲もなく

店員さんに「何かお探しで?」なんて

声をかけられるのが恐怖な夫婦にとっては

(万引きをしているからではございません。シャイなだけです)

知らないお店にふらっと入るなんて夢のまた夢だと・・・。


DSC03026.jpg 


なんの建物か知らんけど

人力車の方々が撮ってたのでまねしてパチリ。


DSC03030_201505221414016cf.jpg 


ただの交差点。


DSC03032.jpg 


フェリー乗り場。


DSC03035.jpg 


お疲れ様でした!


トータル約4時間 休憩10分。ほぼ走り倒しとなった
初の「しば太ん訪」。さすがに最後の方はケツが痛くなったけど
基本 平坦なところを走ってたせいか 体力的な消耗は
そうでもなかったですよ~。
ただやはり シャイな夫婦だけだと全てがチラ見で
凄い距離を通過するだけになってしまうのが難点だな~

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
category 犬日記
comment

2

trackback

0

edit

しば太ん訪~小樽編2~



前回からのつづき。


前回 臨海公園をスタートしホー〇ック裏まで

ただただペダルをこぎ続けたしば太さん一行。


いつものごとく 街の下調べもしてないので

行先なんてありゃしない。

とりあえず 時間だけはあるようなので

海岸線をもう少し先へ向かう事に。


波打ち際を飛ぶウミネコだかカモメだかを

眺めながら ひとコギするたびに街の喧騒から離れていく。


北へ北へ(正確には北西でしょうか(笑))と向かう

夫婦ふたりと犬にひき・・・

って演歌か!(笑)


ほぼ人とすれ違う事もなく

トンネルをひとつふたつと抜けてやってきました

祝津にある小樽水族館!


DSC02924.jpg 


・・・の駐車場。

ワンコは入れないのでね。

なので すぐに出発。


駐車場を出たすぐ横のお食事処の店先で

串に刺した大きなニシンを炭焼きしていた。


炭焼きの魚としば太さんを一緒に撮りたかったのだけど

犬をかごにのせた大人と 見た目どら猫のような犬が

焼き魚の周りをちょろちょろする光景は・・・

疑われるのも嫌なので断念(笑)


DSC02933.jpg 


焼き魚を断念してニシン御殿へとつながる

急な坂を上がって来ました。


DSC02938.jpg 


水族館のショーがタダで見れます( ̄▽ ̄)


よくわからんままに細い急な坂をさらに上ってみると


DSC02964.jpg 


祝津の灯台の下に出ました。


DSC02960.jpg 


なんか普通に撮ってますが

この柵のすぐ向こうは


DSC02950.jpg 


船越英一郎も山村紅葉もびっくりの

断崖絶壁となっておりました。


DSC02944_20150522141219fe3.jpg 


スタートしてから もうかれこれ一時間半以上のかご生活。

だいぶん適応してきたようです(気力がなくなったともいう)。


DSC02970.jpg 


灯台の下にあるニシン御殿。

しば太さん 一ミリも楽しそうに見えないのは気のせいです(笑)


DSC02976.jpg


せっかく来たのに離れて見る我が家(近くにいけよ)

観察10秒で立ち去る我が家(ドライ過ぎ)


先へ進むのはここまでで 今度は戻る事としました。

つづく。

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

category 犬日記
comment

4

trackback

0

edit

しば太ん訪~小樽デビュー編~



やって来たのは 小樽築港臨海公園駐車場。


DSC02883.jpg 


なぜここにやって来たかといえば理由がありまして。


というのは まえまえから車でワンコとお出かけをしても

行った先での移動は車か徒歩に限られてしまうのは

もったいないなと。

チャリがあればもっと楽しめるのではないかと。


ならば

車にチャリを積んで実験してみよー!

という事でやって来ました。


DSC02877.jpg 


つんこさんが乗っているかごは

もともとついていたものですが 左側の黒いかごは今回

折り畳み自転車なのに折り畳み機能を犠牲にしてつけたという

しば太専用(シャア専用みたいに言うな)ボックスなのです。


というわけで

しば太さんに初搭乗して頂きましょう・・・



DSC02884.jpg 


あれ なんか小さかったかな?

デブったからか?(違うわ!)


DSC02885.jpg 


しば太さん 笑ってるから・・・

ま いっか(笑)


かつて兄まろちんは 14キロもある巨体のくせに

父ちゃんのこぐママチャリのかごに乗るのが大好きで

小さなかごにみっちみちというか はみ出しながら

景色より 大好きな父ちゃんの方ばかり見て乗ってたっけなー


DSC02903.jpg 


っと話がそれてしまいましたが。


しば太さんが来る前まで まろちんつんこさんは

よくかごに乗せて走ってたので慣れてますが しば太さんは初。


そんなしば太さんには まずはかごに慣れていただこうと

近くの小樽マリーナまで行ってみることに。


DSC02902.jpg 


かごのふちに手を掛けて イケイケゴーゴー!

と余裕のしば太さん。


でしたが


DSC02893.jpg 


すぐに手を滑らせ かごから落下で

首つりブルー(こんな言葉あるんか)になりました。

しば太さん 後ろ足が悪いので

よちよち歩きの赤ちゃんと同じ様に

のぞき込んだらすぐに落ちていきます Σ(|||▽||| )え・・・


その後も何度か落ちながら(落ちたんかい)


DSC02908.jpg 


とりあえずマリーナに到着。


まろちんやつんこさんの時には

かごに乗せて走る事にこんなにてこずらなかったのですが。


どうやら しば太さんの場合には落ちないように

先手先手で対処しないといけないようです ( ̄▽ ̄)


そんなわけで ワンコを乗せながら

風景をパシャパシャといった

優雅な散策はまだ不可能。


ならば 犬も人間も練習あるのみ!

で ひたすらペダルをコギ続けたのです・・・


DSC02917.jpg 


その結果 気づけばスタート地点が遠くにありました(笑)


おもろいネタはないけど まだ走ったので

つづく

ちなみにここはホー〇ックの裏あたりだったかな~?

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
category 犬日記
comment

6

trackback

0

edit

新皿屋敷



みなさんは お皿がいちまーい、お皿がにまーい

っていうあのお話ご存知でしょうか・・・







DSC02627.jpg 







DSC02628.jpg 








DSC02630.jpg 









DSC02633.jpg 











DSC02638.jpg 

・・・。






DSC02618.jpg 










DSC02619.jpg 

どんな話だよ!







DSC02853.jpg 

違うわ!

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
category 犬日記
comment

1

trackback

0

edit

おさいほーブーム



いま ドッグカフェコムコム常連の奥様達の間では

おさいほーブームがきているらしい。


羊毛をチクチク ザクザクと呪い玉玉を作り

それをつなげて数珠(絶対怒られるな)のような物にしたり

はたまた ワンコ人形やらなんやらをつくってみたりと忙しいらしい。


201505034.jpg


中には こんな浴衣までつくる方が現れたり

一方で さも自分が作ったかのように


201505031.jpg


手柄だけ横取りしていく者が現れたり

手先がダメなら口先で勝負と

奥様方の間で上下関係をはっきりさせる

熾烈なおさいほーバトルが繰り広げられているそうな。


こんな奥様達のブームの影響を受ける

ワンコ達の本音ってどうなんでしょうかね~


20150503-009.jpg 


まあ とは言ってもね


20150503-017.jpg 


黄色からドドメ色に変色してしまったとはいえ

ギャルたちのこんなに楽しそうな声の前ではね


20150503-019.jpg 


1ミリも心にはなくても


20150503-023.jpg 


ひゃくぱー愛想笑いでも

笑うしかないよね。


20150503-026.jpg 


ただ服を着せられるのが苦手な子達にとっては

このブームはいい迷惑だよね。

いつ終わるのか気になるよね。


20150503-030.jpg 


でもねー 奥様達のこの勢いだとね

近いうちにこの店も富岡製糸場みたいに

なる日も近いと思うよ。


お店のドアを開けたら 奥様達が横一列で

ミシンをガラガラやっているという(笑)


20150503-032.jpg 


いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

ホントにコムコム製糸場になるわけではございませんので、ご安心ください♪


category 犬日記
comment

10

trackback

0

edit

ファイト!




ある日のスーパーでのこと。

店長さんと思われる方とスーツを着た男性二名(仮名 親分と子分)が

一緒に店内をまわっていた。


*画像と本文は関係ありません。
001_20150510215242a28.jpg 


母ちゃんの後からカートを押してついて行くという

大事な作業中だったあたくし。


たまたまなんだろうけど

こちらが行く先々の売り場で彼らに遭遇するものだから

少し観察させていただいた。


002_20150510215243595.jpg 


どうやら本部からの現場チェックだったらしく

スーツ姿の親分子分の後を店長さんがメモ帳を持って歩いている。

そして時折 指摘された事をメモっている。


003_20150510215244262.jpg 


うーむ。

見れば見るほどに違和感がこみ上げてきた。


004_20150510215246753.jpg


なぜって?だって偏見丸出しで言わせてもらうと

スーツの親分は普段 絶対自分でスーパーなんか 

行ってなさそうな雰囲気。まさに単なる大名視察。


そんな感じの親分が偉そうにあーだこーだやっているので

いやいや お前絶対にスーパーの事知らんやろ!

主婦の方々にやってもらった方が百倍ええわ!

と何度も突っ込みたくなった。


005_20150510215247b12.jpg 


子分にいたっては両手をポケットに突っ込んだまま

チンピラのごとくちょろちょろしては口を出している。

呆れるというより思わず笑ってしまった。


006_20150510215301336.jpg 


そんな両名そろいもそろって

通路の邪魔になっていても気づかず

お客さんにあいさつの一つすらしない。


全くもってお客商売の方達とは思えぬご様子。

んー こんな方達からの指導を受けざるを得ないなんて

「はい。はい。」と頭を下げていた店長さんが不憫でならない。


007_2015051021530313d.jpg 


店長さん ファイト!

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
category 犬日記
comment

0

trackback

0

edit

しば太教授と助手





20150503-137.jpg 








20150503-138.jpg 








20150503-139.jpg 












20150503-140.jpg


しば太教授 においの確認は別にケツの穴じゃなくてもよくないですか?(笑)

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

category 犬日記
comment

2

trackback

0

edit

妄想



むかし 中学校の科学の先生が


DSC02046_201505021528441ca.jpg 


「金魚が金魚鉢で人間に飼われているように

この地球ももしかしたら 宇宙という金魚鉢の中で

まだ見ぬ誰かに飼われているのかもしれない」


DSC02047.jpg 


そんな妄想が好きだって言ってた。


あれから数十年経つけど 未だ宇宙という金魚鉢の全容は

解明されていないので まだ見ぬ誰かの存在も

もしかしたら まだまだ通用する妄想なのかな?







DSC02044-.jpg 


・・・。


あくまでも妄想です(笑)

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
category 犬日記
comment

0

trackback

0

edit

続お散歩


前回からのつづき。


今回特にこれといってネタはないんですがね。

でも捨ててしまうのはもったいないかと。


DSC02242.jpg 


あーこんな場所もあるんだぐらいな感じで

見てくださいな( ̄▽ ̄)


DSC02251.jpg 


実物はもっと木の芽のみどりの感じが

あったんですけどね~

腕が悪いのか?カメラが悪いのか?(カメラだな!)


DSC02137.jpg 


由緒ある木の前でパチリ!


DSC02136.jpg 


・・・ではなく 

単に日陰でくつろぐしば太さん。


DSC02141.jpg 


ときおり吹く風が心地いいしば太さん。


DSC02142.jpg 


あまりの心地よさに

魂を奪われたしば太さん。


DSC02143.jpg 


たぶん魂を取り返したしば太さん。


DSC02197.jpg 


弟が飲み終わるのを待つ

仲のいい姉弟。


DSC02198.jpg 


飲み終わるのを待てなくなった

仲のいい姉弟。


DSC02204.jpg 


たぶん仲のいい姉弟(笑)


DSC02206.jpg 


黄色い花が咲いていたので行ってみた。


DSC02229.jpg 


たぶん水仙。


DSC02231.jpg 


きっと水仙。


DSC02220.jpg 


この日ひたすら草を食っていたしば太さん。


DSC02236.jpg 


おいしそうに食べるしば太さんを見て

良からぬ事を考え始めた母ちゃん。


やめてくれ( ̄▽ ̄)




おまけ


DSC02238_20150501160823d7d.jpg 


違いのわかる男みたいに言うな!!!

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村
category 犬日記
comment

0

trackback

0

edit

« »

05 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
 

しば太パパ

Author:しば太パパ
気づけば3ワンコの
飼い主に
気づけば自分も
母ちゃんに飼われてた
そんなおっさんの作る
ブログです

しば太パパからのお知らせ
 
ご訪問いただきありがとうございます! 当ブログはリンクはフリーです お気軽にコメントいただければ作者は大喜びです 少しでも笑ってもらえるようなブログが出来ればいいなと思ってます
いくつになったの
 
登場人物紹介
 
「しば太」黒柴 体重6キロ弱のへなちょこ犬 兄弟の末っ子である 「まろ」ロン毛コーギー 土方担当(破壊活動) 肥満じゃないのに14キロもある 弱者にだけ強い勇者である 長男 「つぶ」チビコーギー 体重が7キロしかない 女の子だが一番タフである 一番の早食い 女王つんこさんと呼ばれる 「母ちゃん」 時々登場するアラフォー 酒好き 「父ちゃん」 作者のおっさんアラフォー 下戸
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
 
リンク
 
ブロとも申請フォーム
 
最新トラックバック
 
QRコード
 
QR
フリーエリア