しば太日記

柴犬しば太とコーギーまろとつぶのくだらないお話!


2015道東旅行記 終の巻


前回からのつづき。

朝の8時半過ぎに
タウシュベツ橋梁林道ゲートを出発して
10時50分頃に再びゲートに戻って来ました。

往復約8キロの林道を
大急ぎで戻ってきました。

ホントにこの日は大忙し。

次に向かったのは。


DSC06326_2015101713542096d.jpg


三股山荘。

お昼ご飯をいただきにやって来ました。


 DSC06328_20151017135421c85.jpg


店内は木のぬくもりあふれる
素敵な空間。

そしてママさんが
最高の笑顔でおもてなししてくれます。


DSC06332_20151017135423cf5.jpg 


こちらのメニュー表は
若ママさん手作り。

無機質なものが多い中
こういった優しい味わいには
ほっこりと癒されますね。

日本全国から
お客さんが訪れるらしく
この日も関西からの方が来てました。



DSC06338.jpg 


父ちゃん達が
昼食をいただいてる間
子供達はお外に繋いで。

お外にいた
ライダーさん達に
相手していただいていて
置いて行かれた怒りは
忘れていたようです。


DSC06341_20151017135445b30.jpg 


さあ 先を急ぐ我々は
12時にこちらを後にいたしまして。


次に向かったのは
然別湖。

糠平湖から然別湖へ抜ける道路の一部
すれ違うのも困難な道路なのに
大型バスも走行してきますので
走る時にはご注意を。


DSC06348.jpg 


さて 然別湖に来た本当の理由。


DSC06350_20151017135448578.jpg 


北海道には三大秘湖というのがございまして。

1:オコタンペ湖
2:オンネトー
3:東雲湖

1は支笏湖近辺なので昔クリアしてます
2は今回の旅ですでにクリア

本日は3の東雲湖を目指します。

あ、ちなみに東雲湖と書いて
「しののめこ」と読みます。


東雲湖へは
然別湖畔から向かう事になるのですが
この日の状況等をネイチャーセンターにて確認。

この旅の初日にあった
爆弾低気圧の影響で
倒木が所々にあるらしいとのこと。

そして事前の計画段階で
確認してましたが
再度犬連れOKか確認。

往復3時間ぐらいの散策路になるので
気をつけて行ってきてくださいとのこと。


DSC06352.jpg 


13時。

さあ出発です。

今までこういったものの
標準目安の時間ほど
かかったことのない夫婦。

往復3時間!なんて言ったって
それって爺さん婆さんへの目安の時間
のことなんでしょ。

なーんて思ってました。

完全になめてました( ̄▽ ̄)


DSC06355 (1) 


湖畔の散策路。

なーんて聞いてたのですが。


DSC06356.jpg 


いきなり道を間違えてましたΣ( ̄ロ ̄|||)ギク!


DSC06361.jpg 


都会で言うところの
散策路では決してございませんでした。


DSC06364.jpg 


スニーカーで来てしまった夫婦。

地面が所々湿っていた
というのもありますが
登山靴を履いてくれば良かった
と本気で反省し始めました。


DSC06368.jpg 


ほぼ ケモノ道です。


DSC06371 (1) 


湖畔側から向かうコースと
山側から向かうコースの分岐点。

我々は湖畔側から向かいます。

心の準備以上にハードなコースに
いったい後どれほどの時間でたどり着けるのか
ちと不安が。


DSC06374 (1) 


午前中の出来事が
遠い過去の事のように
思えてました(笑)


DSC06377 (1) 


さらに険しさを増す道。

油断すると滑落します。

幾多の危険個所は
子供達を抱っこして
登ったり下ったりしながら。

ひたすらに。

ただひたすらに進んでいくと。


DSC06380 (1) 


突然今までの風景とは明らかに違う
岩場が現れました。

ここの岩場には
父ちゃん母ちゃんが愛してやまない
ナキウサギが住んでます。

氷河期からの生き残りと言われる彼らは
こうした北海道のごく一部の
場所でしか生きて行く事が出来ないそうです。

登山道にはロープが張られていて
彼らのテリトリーを侵さないように
注意して歩かなければいけません。


DSC06381 (1) 


キッ キキッ
という彼らの声に元気をいただいて。

感謝をしつつ抜けていくと。


DSC06383.jpg 


やっと着きました!




DSC06384.jpg 


おい!!!


DSC06386_20151017135727dca.jpg 


まさに
秘湖と呼ぶにふさわしい場所に
東雲湖はございました。


DSC06391_20151017135729729.jpg 


我々が見た場所からは
全貌どころか


DSC06394.jpg 


木々にさえぎられて
湖面さえハッキリと撮影する事が
出来ません。


DSC06395.jpg 


画像だけを見ている皆さんには
さっぱり伝わらないと思いますので


DSC06398.jpg 


気合と根性のある方は
是非ご自分の足と目で
秘湖を感じて来てくださいね。

冷やかしでは行けませんよ(笑)


DSC06399.jpg 


結局ここまで到達するのに1時間半かかりました。

往復3時間というのはウソじゃないですね。

あ、でも
帰りは1時間で帰って来ました。

相変わらずしば太さん
下りはめっちゃ速いです( ̄▽ ̄;)ははっ…


DSC06404.jpg 


その後 音更で風呂に入って
道の駅で晩御飯を食べて
次の日に帰途につきました。


DSC06413.jpg 


来た日と同じく
日勝峠を通って


DSC06417.jpg 


5泊6日の旅を終えました。

長ーいことお付き合いのほど
ありがとうございました。

おしまい!!!

いつもご訪問ありがとうございます!!!
下の画像を押してね♪

にほんブログ村
スポンサーサイト

category 犬日記
comment

0

trackback

0

edit

Comments



« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
 

しば太パパ

Author:しば太パパ
気づけば3ワンコの
飼い主に
気づけば自分も
母ちゃんに飼われてた
そんなおっさんの作る
ブログです

しば太パパからのお知らせ
 
ご訪問いただきありがとうございます! 当ブログはリンクはフリーです お気軽にコメントいただければ作者は大喜びです 少しでも笑ってもらえるようなブログが出来ればいいなと思ってます
いくつになったの
 
登場人物紹介
 
「しば太」黒柴 体重6キロ弱のへなちょこ犬 兄弟の末っ子である 「まろ」ロン毛コーギー 土方担当(破壊活動) 肥満じゃないのに14キロもある 弱者にだけ強い勇者である 長男 「つぶ」チビコーギー 体重が7キロしかない 女の子だが一番タフである 一番の早食い 女王つんこさんと呼ばれる 「母ちゃん」 時々登場するアラフォー 酒好き 「父ちゃん」 作者のおっさんアラフォー 下戸
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
 
リンク
 
ブロとも申請フォーム
 
最新トラックバック
 
QRコード
 
QR
フリーエリア