しば太日記

柴犬しば太とコーギーまろとつぶのくだらないお話!


まろちん生誕10周年

 みなさんこんばんは

本日まろ10歳のお誕生日です

今日はちょっとまじめにまろちんとの10年を

文章で振り返ってみようと思いますので、写真やネタに期待している方は

スルーしちゃった方がいいと思いますよ


まずはじめに、家の子達の小さい頃の写真はほとんどというか

しば太さんの数枚を除けばありません

写真はマニアのやること(今は違いますよ)で

自分達の記憶に留めて置けば写真なんていらないんじゃないって思ってました。

しかし、去年ワンともさんのブログに載せていただいた写真をみて

家の子こんな表情してるんだね~とあらためて気付かされて

じゃあ家もブログに何か残そうという事ではじめました(遅すぎっ)

暗いところではシャッターってきりずらいんだとか

動くものって撮りづらいんだとか、今更そこ?っていうほど

無知だったんで、もっと早くからカメラやパソコンをやっておけば

今回のまろちん10周年も過去の写真などで振り返れたのにと反省しております



10年前まろちんを飼うまで、おっさんは犬を飼った事がありませんでした

小さい頃、誰もがそうだったように犬を飼う事に憧れました

でも母親はペットは死ぬから嫌だと言って飼えませんでした

今となっては親の気持ちがなんとなく分からんでもないな~と思います

逆に家の母ちゃんは小さい頃からワンコを飼っていたそうです

昔よくあった子犬を拾ってきたって言うパターンです


だから、おっさんはじめてワンコを飼うにあたってのアドバイザーは

母ちゃんでした

母ちゃんの古~い(怒られるな)記憶を頼りに飼う事としました


おっさん「犬ってどこで手に入れるの?」

母ちゃん「拾うか、買うんじゃない」

おっさん「店ってどこにある?」


母ちゃん「知らんよ!自分で探しな!」


こんな母ちゃんからの優しいアドバイスをもらい

おっさんはひとりタウンページを広げてペットショップを探したのでした


今となればペットショップ以外にも選択肢があったなーと思うんですがね


ところで、おっさんが飼いたいと思っていたのは日本犬でした

耳がピーンと立っていて、しっぽが丸まっていて、


たぬきっぽくて、ちょっとアホっぽくて

すでにおっさんのなかでは名前が決まっていて

「むしまろ」っていうアホな漫画があって

その主人公がイメージなんです(知ってる人いるかな~?)

そんな子を探しにお店に行きました

たしか、時間は閉店近くだったと思います

おっさんはそこで一人のワンコに出会いました

ガラスケースの向こうでお座りをしていて、口は閉じてるのに

舌がチョロっと出ていて、ぼ~っとこちらを見ている子でした

なんせアホっぽい子が理想だったんで気になったんですね

母ちゃん曰く

「ず~っと見つめ合ってたよ」と。


ただ、この子しっぽが付いてないじゃん!

おっさんの理想はまーるい尻尾

なのになんで付いてないのよ

でも気になるしな~

うお~、コーギーって何よ想定外の迷いだあー

ということで、いったん退却することに

帰りの車内にて

おっさん「他の兄弟犬の部屋きれいだったけど、あの子の部屋だけぐっちゃぐちゃだったよ」

母ちゃん「子犬ってあんなもんだよ~」

おっさん「足もめっちゃくちゃデカかったけど?」

母ちゃん「オスだからじゃない」

おっさん「なんでオスなのに他の兄弟犬より安いんだろうね?」

母ちゃん「安いほうがいいじゃん!」


この時疑問に思っていたことにはキチンと理由が

あったんだな~と育ててみて分かりました

他の子より既に体力を持て余し破壊活動が始まっていた

足が大きい子はデカくなる(規格外の大きさになりました)

当時ロン毛は不人気だったらしい(お店はロン毛になる事分かってたんでしょうね)


後々そんな風になるとは知る由もなく、明日もう一度行って

まだ残ってたら連れてこようと決めた夫婦なのでした


次の日、普通に居ました


うん、これもやっぱり何かの縁だ!

そう思い込んでまろちんは我が家の一員となりました

おっさんは、犬は外で飼うものという考えだったのですが

それはダメという母ちゃんの一声で室内で飼う事になりました


初めて家に来た日の夜、まろちんは鳴きました

朝までずっと鳴きました

家に早く馴らす為に心を鬼にしてほっときましたがすごかったな~

つぶもしば太も鳴かなかったから、やっぱりまろちん甘えん坊さん

だったんでしょうね

そうしてすくすくと成長するまろちん

性格は昔から好奇心旺盛で、病院に行くのも知らない所に

行く事も全くビビッた事はありません

あ、でも初めての節分の時おっさんが鬼のお面を付けて

低い声を出しながら近づくと、慌てて逃げようとしたけれども

フローリングの上で滑ってカラカラと空回りしてしまい

捕まえようとした時に、腰を抜かして失禁した事があったな(笑)

犬も腰を抜かすんだと初めて知りました

なんせパワフルだったまろちん、破壊活動も半端じゃあなかったですね

ちょっと出かけて戻る度に家が破壊されてる

一度だけ母ちゃんが切れて、夜外に繋がれた事もありました

初めて外に繋がれ、朝まで一睡も出来ずにお座りして待ってました

家の中に入ったまろちんはピクリともせずに爆睡でした

今ではそれもいい思い出です



まろち
んを語る上で外せないのがこのエピソード

去勢手術をしてお家に帰ってきた時の事

傷口は縫ったばかりなのでいじらないようにエリザベスをつけて

次の日を迎えたのですが、朝起きると傷口がパッカーン

なんと縫ってある糸ごと喰ってしまい傷口が開いていました

病院に連れて行くと先生は「麻酔かけて縫うよりも、痛いけど麻酔無しで

留めるから」と言う事でホチキスのような機械で留める事にしました

先生「いくよ~、ちょっと痛いけど我慢してね~」

バチン

笑っているまろちん

先生「あれ、まろちん痛くないの?」

バチンバチン

笑ったまま微動だにしないまろちん

先生「本当に痛くないの~?こんな子見た事ないよ~!」

傷口を見た時はビックリしたけどまろちんの落ち着きを見ていたら

心配してたのがバカらしくも思えてしまいましたよ



ドッグランでミニチュアダックスを追いかけてぶつかり相手が

脱臼して治療費を請求されたこともありました

ん~なんせやることが派手と言うか豪快というか


見た目がデカくて、ワンワン言うから誤解されやすいけど

オスなのに母性あふれる優しい子です

つんこさんが家に来たときもしば太さんが来たときも

快く迎えてくれました

相性が合わないと大変なんて事は考えもしなかった父ちゃん母ちゃんが

何の心配もせずにいれたのはまろちんのおかげなんですね~


体が丈夫で大きな怪我や病気もなく今まで来れた事にも感謝しなくてはいけませんね

10歳になってやはりかつての様な体力は影を潜めているし

ドッグランで暴れすぎた次の日には筋肉痛でもがいてるし

なんだかんだ言っても老いには逆らえません

でもおっさんが初めて育てたワンコであり、飼うまでわからなかった事を

教えてくれた先生でもあります

冬に外で繋がれている犬を見ると「お~寒くないか?頑張れよ!」

などとワンコを飼う前には口が裂けても言わなかったような

セリフも口に出来るようになってしまったおっさん


知らないうちにおっさんの中の何かの感情が芽生えていたらしい

これを成長と呼べるのかどうかはわからないけど

もっともっといろいろな事を経験させて下さいね


そして出来る限り長く家族の一員として過ごせるように頑張りたいと思います

まろちん10歳の誕生日おめでとう!

そしてこれからもよろしく!


のこ 


そうだね、まろちん・・・


ココまでお付き合いいただいた皆様ありがとうございます!

そしてこれからも、まろちん共々よろしくお願いします!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category 犬日記
comment

8

trackback

0

edit

Comments

comment まろちん、10歳おめでとう!!
読んでてなんだか泣けちゃったなぁ~
まろちんとの過去10年間、、たくさんの楽しいこと・心配したこと・怒ったこと・・・垣間見れた気がします。
外に繋がれたこと、他のワンコを怪我させちゃったこと、傷口パカッ~ン・・・まろ兄さんも波瀾万丈な人生ね・・。
でも肝っ玉の大きさを感じます。そしてしば太パパさん・ママさんの愛情がすご~く伝わってきてじぅわ~ん(涙)ときたですよ。(最近なみだもろいし)

やっぱワンコって私たちにいろんな経験をさせてくれ、感情を持たせてくれる存在ですね。
まろ兄さん、パパさん・ママさんちのワンコになれてよかったね。
私もさくらを通しての経験や感情を忘れないようにしようとブログを読んでいて思いました。
これからも元気で遊びましょうね。
comment Re: まろちん、10歳おめでとう!!
さくらママさんこんばんは!

初めて飼ったワンコだったんで本当に何から何まで驚きやら新鮮な経験でしたね~
その時にはイラッとしても振り返ればみんないい思い出です

言葉が話せない分理解するには時間が必要だけど、分かり合えたと思える時には本当にうれしいものですよね

以前は全く衰えを感じなかったのですが、足腰の衰えをやはり垣間見るようになるとなおさら残りを大事に
しなきゃなと思います
ワンコの命は間違いなく短いものだから、出来るだけぎゅ~っと密度の濃い犬生にしてあげたいな~!

さくらちゃんもいっぱい楽しい思い出作ろうね~

comment
まろちんお誕生日おめでとう☆

一回しかお会いしたことないけど、まろちんはとっても落ち着いてて優しい子の印象です。
でもやっぱり小さい時は怪獣だったのですね(笑)
傷口が開いてたのには驚いたでしょ?
小型犬相手だと体格差があるからぶつかっただけでも怪我しちゃうんだね。
うちのりゅうも小さい子が大好きでしつこいくらいくっ付いて歩いちゃうので、ランでは気を付けなきゃと改めておもいました。

まろちんとまろちん家族にとってまた一年良い年でありますように!!
comment
まろちん、10歳の誕生日おめでとう!

私の知人は犬を多頭飼いしているんですが、
犬同士の仲が悪く酷いときには流血するほど噛んでしまう、
と漏らしていました。
だけど、しば太さんのところでは皆仲良く暮らせているのは
パパさんママさんの育て方は勿論、
まろちんの優しい性格によるところもとても大きいんでしょうね。

コムコムで初めてお会いした時、
3兄弟の中で一番他の人や犬に反応して興味深く近づこうとしていたのがまろちんだったので
10歳だと聞いた時はビックリでしたよ。
それでもやはり衰えが見える部分は出てきているんですね。
犬生を終える日まで、
なるべく長く元気に沢山楽しい思い出を作れるといいですね。

これからもゆうじろうに犬社会についてのご指導をお願いします、まろちん先生!
comment Re: タイトルなし
りゅうママさんありがとうございます!

家の暴走機関車がスイッチオフの時に出会った方々はみなさん良い子だね~と言ってくれます(笑)
たぶんスイッチオンの時に出会った方々はいい印象がないのでは(笑)

10年もいるとやはりいろいろな出来事がありますね~
りゅうくんはなちゃんもまだまだ元気いっぱいの時だから山ほど思い出つくれますね!

またお会いできるのを楽しみにしてますよ~!
comment Re: タイトルなし
ゆうパパさんこんばんは!

同じ家の中でそんな惨劇があるんですか!
ほんとにうち等は当たり前に迎えるものと思っていたので、ある意味ラッキーだったのかもしれませんね~

10歳になった今でも一番何事にも好奇心を示すのはまろちんです!
脳みそは永遠の子犬です(笑)

ゆうじろう君にはじめて会った時も衝撃でしたよ!
持って産まれた性格というのは大変デカイと思うので、今のままの穏やかな性格で育ってくれたら最高ですよね
そんな風に育てようと思ってもなかなかできるものじゃあないと思います

お互いにいっぱい楽しい思い出つくりましょうね!
再会出来る事楽しみにしてますよ

追伸 犬社会について悩む事があったならいつでもワシの所を訪れるがいいまろ byまろちん
comment おめでとう!
まろちん 10才ですかぁ~!
とうちゃん、かあちゃんにいっぱい愛されて
りっぱな勇者になりましたねo(〃^0^〃)o
かわいい妹、弟に まだまだいろんなこと教えてあげなくちゃいけないから
これからも元気でがんばってね!
ふさふさと ロン毛をなびかせて走る姿も
痛くなくても ビッコをひいて 助けを求める姿も
僕はいません 石ですと気配をけす姿も
どれもみんなかわいくて 大好きですよ~!
また、ランであそんでね (^^)/
comment Re: おめでとう!
コタママさんこんばんは!

お返事遅くなりすいません!

まろちんもついに二桁10歳になりましたよ~
歳のわりに落ち着きが無く凶暴な犬だと誤解されがちなまろちんですが、コタママさんは
数少ない貴重な理解者です(笑)

なかなかまろちんのいろいろな表情を読み取ってくれる方はいないので、これからもまろちんのよき理解者でいてくださいね!

しばらくコタ君にも会っていないので、こちらこそまた遊んでくださいね


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
 

しば太パパ

Author:しば太パパ
気づけば3ワンコの
飼い主に
気づけば自分も
母ちゃんに飼われてた
そんなおっさんの作る
ブログです

しば太パパからのお知らせ
 
ご訪問いただきありがとうございます! 当ブログはリンクはフリーです お気軽にコメントいただければ作者は大喜びです 少しでも笑ってもらえるようなブログが出来ればいいなと思ってます
いくつになったの
 
登場人物紹介
 
「しば太」黒柴 体重6キロ弱のへなちょこ犬 兄弟の末っ子である 「まろ」ロン毛コーギー 土方担当(破壊活動) 肥満じゃないのに14キロもある 弱者にだけ強い勇者である 長男 「つぶ」チビコーギー 体重が7キロしかない 女の子だが一番タフである 一番の早食い 女王つんこさんと呼ばれる 「母ちゃん」 時々登場するアラフォー 酒好き 「父ちゃん」 作者のおっさんアラフォー 下戸
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
 
リンク
 
ブロとも申請フォーム
 
最新トラックバック
 
QRコード
 
QR
フリーエリア